相馬田んぼアートプロジェクト

2011年から作付けがとまっていた
相馬市岩子いわのこの田んぼを彩った
田んぼアートも今年で3年目。
千葉の山武市、横浜との協働など、
田んぼアートは広がり、つながりはじめています。
描いてたのしみ、収穫して味わう。
みなさんも田んぼアートを一緒に描き、味わいませんか?

クラウドファンディングやってます!

2017年の活動に向け、みなさまのご支援をいただければと
クラウドファンディングに挑戦しています。
活動の紹介にもなっていますので、ぜひ一度ご覧ください。

Top

こんにちは。相馬田んぼアートプロジェクトです。ここ相馬岩子いわのこ地区は、東日本大震災の津波により用水路が破壊され、田んぼや畑が塩害を受けました。この復興のシンボルになればと、作付けが再開された2014年から田んぼアートをつくっています。

 田んぼアートは、稲を種籾から育て、手植えによる田植えをたくさんの人とともに行います。
  わたしたちだけでなく、NPO法人有形デザイン機構、そうまのゆかいな仲間達、さんむ田んぼアートPROJECTなどたくさんの仲間とともに協働ですすめています。

 田んぼアート用の田んぼは、地元の海苔漁師、遠藤さんにより提供されています。会場すぐ近くの松川浦一帯は、海苔の養殖がさかんな地域ですが、まだ本格的な再開にはいたっていません。
 相馬、そして岩子地区の本当の復興にはまだ様々な課題に立ちむかわねばなりません。

  このシンボルとして地域の絵柄「繋ぎ馬」を色とりどりの稲で田んぼに描きます。
 地元の人々と、全国から集まった人たちで、初夏の日差しのもと福島県復興のシンボル、そして大地のアートを相馬市岩子いわのこの水田に描きましょう。

Top

これからのイベント

これまでのイベント

相馬田んぼアートのいろんなおしらせや、
最近のようすをお届けするニュースレターを購読しませんか?